藤崎宮例大祭のお祭りに欠かせない神幸行列

本来9月中旬に行われるはずだった

「藤崎宮例大祭」所謂通称ボシタ祭りでしたが、台風18号の影響で10月9日に開催する事に成りました。藤崎宮例大祭の中で何と言ってもメインは勇壮な馬追い「ドーカイ、ドーカイ」の掛け声が有名でも有るのですけど、それとは全く別で神聖なる行事の神幸行列に朝随兵と朝早く誰もが寝静まった頃に行う伝統行司に成って居ると言われています。メインでも有る馬追は例年に引き続き参加団体も60を超えて一昨年に起きた熊本地震の跡だけに今回の開催も危ぶまれていたのですが、無事に開催できて良かったと思っています。やっぱり参加団体も多くなればそれに沿った勢子と言われるこの祭り本体を大きく盛り上げる参加者の衣装も年々と様変わりしてパッピの衣装も煌びやかになって来ている様に思われてお子様を始めとした老若男女問わず1年にとって最も熊本が熱く燃える一日が過ぎて行く日とされていますだけに、熊本市繁華街を中心とした一大イベントで楽しむ事が出来るお祭りに成っています。又このお祭りを境に例年だと急激に秋めいた風に涼しくも成ると言われており、季節の移り変わり目の大きな目安とされて来ましたが、今年は年々囁かれている温暖化現象で10月に入っても夏めいた時期が続いて居る事も珍しいとされていて、私的にも今年は何だか何時もと違う感じも受けなくも無く感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です