藤田菜七子騎手が20年ぶりに今年10勝目をマーク!

1年間で10勝を上げただけで、こんなに騒がれる騎手は藤田菜七子騎手以外にいないでしょう。
藤田菜七子騎手は昨年、JRA女性騎手としてデビュー、大人気となりました。
しかし、人気とは裏腹に、なかなか勝利を上げることはできませんでした。
今年は昨年以上のペースで勝ち星を上げており、10勝目を目前としていました。
何故10勝程度でこんなに大騒ぎなのかというと、JRAの女性騎手として20年ぶりに10勝を上げたからです。
藤田騎手の前の記録は、20年前の牧原由貴子さんが1997年に出した11勝です。
藤田選手がこの記録を塗り替えるのは間違いなさそうです。

海外や地方には活躍する女性騎手は多いのにJRAでは育たなかったです。
個人的に思うのは、育てようとしてないかったのではないかということ。
そこで、JRAは藤田選手を育てようとしているのです。
まあ、最初はゴリ押しでも、数年後には日本を代表する女性騎手になれるのではないかと思います。
藤田選手が今後長く騎手を続けることができれば、後に入った騎手も続けやすくなります。
藤田騎手の後に入った女性は一人騎手学校を辞めており、誰もが続けられることではないのだと思います。
今後も年間勝利数を延ばして、重賞やG1を勝てるようになれば、人気だけでなく実力も備えた騎手になれるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です