警察官は自分の行動に責任を持って動いて欲しい

群馬県の警察官が酒酔い運転で逮捕されたニュースを見ました。

人を取り締まる側の人間が法を犯し、逮捕されるというのは情けないと思います。
私は流石に酒酔いはありませんが、一時不停止で取締りを受けた事があります。その時に警察官から威圧的な態度を取られた思い出があります。仕事だし、人を取り締まるのには威圧的な態度を取った方が良いのかもしれません。でも言われた方は良い気分はしないし、ましてや逮捕される人が居る組織の人に言われても説得力がありません。
酒を飲むなとは言わないし、車を運転するなとも言いませんが、警察官という職業で人を取り締まる立場にいる以上は自分の行動に責任を持って行動すべきだったと思います。
勿論警察官全てが悪いわけでは無いし、今回の群馬の警察官が特別だったのかもしれませんが、組織全体の教訓として生かすべき内容の事件ではないかと思います。私自身も本当にお世話になった警察の人や交番の人も居るので感謝したい気持ちも沢山あります。でもこのような事件が起こったニュースを目にするといい人が居ても全体が悪いイメージになってしまうので、一人一人が自覚を持って行動するべきだと思いました。
私自身も警察で仕事をしているわけではありませんが、運転はするし自分の行動を見直すきっかけになったと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です